研究グループ

腫瘍グループ

婦人科腫瘍チームは婦人科癌をはじめとした、婦人科腫瘍に対する診療を行っています。
婦人科悪性疾患(癌や肉腫など)においては、低侵襲手術(腹腔鏡下もしくはロボット支援下手術)を含めた手術療法を行っています。手術のできない患者さんや術後に追加治療が必要な患者さんに対しては、化学療法や放射線療法を放射線科や臨床腫瘍部などと連携し行っています。また悪性疾患だけでなく、婦人科良性疾患(良性卵巣腫瘍、子宮筋腫、子宮腺筋症、子宮内膜症)に対する手術療法(腹腔鏡下もしくはロボット支援下手術 子宮鏡下手術;TCR 内膜焼灼術;MEA)も行っています。そして骨盤臓器脱へのメッシュ手術(腹腔鏡下、もしくはロボット支援下仙骨腟固定術)など新たな治療法も積極的に行っています。
婦人科手術療法においては、婦人科腫瘍専門医および内視鏡技術認定医、さらにはロボット支援下手術の認定取得者が複数在籍しており、各種婦人科手術に対応しております。また生殖補助医療チームとも連携しておりますので、妊孕性温存を希望される患者さんへの治療方針についても、ご相談が可能です。またがんゲノム医療連携病院に認定されている当院では、患者さんの個々の状況に応じてがんゲノム外来、遺伝医療部への紹介により遺伝学的検査を行う相談等が可能です。
再発癌などに対しては臨床試験の参加を含めた新たな治療を検証しつつ、がんゲノム医療への橋渡しも行っており、当院がんゲノム外来での相談の上、遺伝子パネル検査を行う事も可能です。
また当科には婦人科腫瘍を専門とする臨床遺伝専門医が在籍しており、遺伝性腫瘍(遺伝性乳癌卵巣癌症候群;HBOC やリンチ症候群;Lynch syndrome、リ・フラウメニ症候群;Li Fraumeni syndrome、カウデン症候群;Cowden syndrome)患者さん及びそのご家族への対応も可能です。特に遺伝性乳癌卵巣癌症候群;Hereditary Breast Ovarian Cancer Stndrome;HBOC)に関しては、早期発見のためのサーベイランス、リスク低減手術(予防切除)といった予防対策の観点から近年重要視されてきていますが、当科では2011年よりそれら遺伝性腫瘍に対する診療を行ってきた実績がありますので、これらの方々のご相談に応じると共に、場合によっては当院の遺伝相談外来での対応が可能です。 卵巣癌、乳癌既往のある方の保険診療内での遺伝学的検査はもちろんのこと、HBOCの患者様に対する腹腔鏡下リスク低減卵巣卵管切除手術を保険診療にて実施しております。

スタッフ紹介

  • 荒川 敦志
  • 西川 隆太郎
  • 間瀬 聖子
  • 小川 柴野
  • 大瀬戸 久美子

ページ上部
へ戻る